マルチビタミンサプリの効果は?オススメの取るべきビタミンをご紹介

●ビタミンの基礎知識


ビタミンは体内で作ることがほとんどできないため、食事やサプリメントなどを通じて摂取する必要があります。ただビタミンは後ほど紹介するように13種類もあり、それらをしっかりと摂取するにはあらゆる食材を食べなければなりません。そこで重宝されるのがマルチビタミンなどを中心としたサプリメントです。
また、ビタミンには「脂溶性」「水溶性」の2種類がありそれぞれの特徴を知っておくことは重要です。それぞれの特徴について見ていきましょう。

#脂溶性ビタミンとは


脂溶性ビタミンに該当するのは、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKの4種類。水に溶けず、脂肪や肝臓などに貯蔵されます。体内で貯蔵できる一方、過剰摂取になる可能性もあるため注意が必要です。

#水溶性ビタミンとは


水溶性ビタミンに該当するのはビタミンB群、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、ビタミンCの計9種類。文字通り水に溶けるため、余分なものは尿を通じて体外へと排出されます。基本的に体内に貯蔵されないため、日々摂取する必要があります。また余分なものは体外へと排出されることから、過剰摂取のリスクは小さいと言われています。

●マルチビタミンの中にはどんな種類があって、どういう役割なのか


次に13種類のビタミンそれぞれについて紹介していきます。ここでは栄養機能食品の規格基準に照らし合わせる形で紹介していきます。次の見出しでは特に重要なビタミンをピックアップして紹介おりますのでそちらもぜひお読みください。

ビタミンA
成分量:231µg - 600µg
栄養機能表示:ビタミンAは、夜間の視力の維持を助ける栄養素です。 ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB1
成分量:0.36mg - 25mg
栄養機能表示:ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB2
成分量:0.42 mg 12 mg
栄養機能表示:ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB6
成分量:0.39 mg 10 mg
栄養機能表示:ビタミンB6は、たんぱく質からのエネ ルギーの産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミ B12
成分量: 0.72 µg 60 µg
栄養機能表示:ビタミンB12は、赤血球の形成を助け る栄養素です。

ビタミ C
成分量:30 mg 1,000 mg
栄養機能表示:ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維 持を助けるとともに、抗酸化作用を持 つ栄養素です。

ビタミンD
成分量:1.65 µg 5.0 µg
栄養機能表示:ビタミンDは、腸管でのカルシウムの 吸収を促進し、骨の形成を助ける栄 養素です。

ビタミンE
成分量:1.89 mg 150 mg
栄養機能表示:ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンK
成分量:45 µg 150 µg
栄養機能表示:ビタミンK は、正常な血液凝固能を維持する栄養素です。

葉酸(ビタミンB9)
成分量:72 µg 200 µg
栄養機能表示:葉酸は、赤血球の形成を助ける栄養 素です。 葉酸は、胎児の正常な発育に寄与す る栄養素です。

ナイアシン(ビタミンB3)
成分量:3.9 mg 60 mg
栄養機能表示:ナイアシンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

パントテン酸(ビタミンB5)
成分量:1.44 mg 30 mg
栄養機能表示:パントテン酸は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビオチン(ビタミンb7)
成分量:15 µg 500 µg
栄養機能表示:ビオチンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

中でも重要なビタミンの紹介


最後に13種類のビタミンの中で特定の目的において重要な役割を担うビタミンをピックアップして紹介していきます。

#若さを保つ2つのビタミン


若さを保つ上で重要なのはビタミンC、ビタミンEの二つです。この2つには「抗酸化作用」と呼ばれる共通の働きがあります。年齢を重ねると体内に活性酸素が増えていき、老化や生活習慣病へとつながりかねません。抗酸化作用はこの活性酸素から体を守る働きであり、若さを保つ上で非常に重要です。外側からのケアだけでなく、内側からのケアとしてこの2つのビタミンを積極的に摂取しましょう。

ビタミンCの代表的な食材:パプリカ、ブロッコリー、ケール
ビタミンEの代表的な食材:アーモンド、うなぎ

#疲労と戦うビタミンB群


多忙な毎日を乗り切る上で、疲労への対策を講じることは非常に重要です。「疲れた体をどうケアするか」に目がいきがちですが、「疲れにくい体を作る」ことが非常に重要です。適度な運動や休息とともに、栄養面からもしっかりアプローチしていきましょう。疲労対策において重要なのがビタミンB群です。中でもビタミンB1が重要で、炭水化物からエネルギーを生み出す働きを持っています。

ビタミンB1の代表的な食材:アーモンド、うなぎ

●必要な栄養素を効率的に摂取しませんか?


今回の記事ではマルチビタミンサプリに焦点を当て、13種類のビタミンについて紹介してきました。ビタミンも非常に重要ですが、他にもミネラルなど必要な栄養素はたくさんあります。食事で補おうとすると野菜や果物・肉・魚・ナッツ類など幅広く摂取する必要があり、簡単なことではありません。そこでうまく活用したいのがサプリメントです。

私たちが開発しているオーダーメイドサプリメント「myFine」では栄養士監修の無料診断を通じてあなたの現状や将来のリスクを分析いたします。分析結果を踏まえ、マルチビタミンやミネラル、美容成分やダイエット成分など幅広い栄養素からあなた専用のサプリメントをお作りします。さらに飲みやすく、吸収率の高いドリンクタイプを採用しておりますので、「複数のサプリを飲むのは苦痛」という方もぜひお試しください!

無料診断スタート